観光案内 法隆寺のいろんな価値

現存する世界最古の木造建築は我が国の法隆寺で、7世紀はじめに建立され、これだけの地震と台風に見舞われる国で、1300年もの間、建ち続けています。日本の木造の技能は、海外ではとても評価が高く一目置かれていますが、その価値が日本自身にどれだけ理解されているでしょうか。

 伝統木造は、木の性質を生かして建てる建築で、我が国の強さとして世界に打ち出せるものの一つです。その代表的な建築物が法隆寺であることは言うまでもなく、その宮大工であった西岡常和棟梁は、法隆寺からさまざまな先人の技と知恵を教わってきたと言います。それはたいへん素晴らしいもので、この後もずっと受け継がれていくべきもの、そこには日本の文化と日本人が受け継いできた技と知恵が凝縮していると言います。

 檜は人間と同じで一本ずつが全部違い、それぞれの癖を見抜いて、それにあった使い方をしなくてはならない。そうすれば、千年の樹齢の檜であれば千年以上持つ建造物ができる。法隆寺を造り守ってきたのは、こうして受け継がれた木を生かす技で、数値では表せない、文字で本にも書き残せない、言葉にできないものだそうです。このような職人の技や勘は学校では教えようがなく、個人と個人、師匠と弟子が生活を共にして初めて伝えられるものです。

 口伝に、「木は生育の方位のままに使え」とあり、山の南側の木は細いが強い、北側の木は太いけれども柔らかい、陰で育った木は弱いというように、生育場所によって木にも性質がある。右に捻じれている木だから左捻じれのあの木と組み合わせればいい、というようなことを見分けるのが棟梁の大事な仕事でした。癖というのは悪いものではなく、使い方で、癖のあるものを使うのはやっかいなようだが、うまく使えばその方がいいということもあります。人間と同じで、癖の強い奴ほど命も強い、癖のない素直な木は弱い。木の生きてきた環境、その木の持っている特質を生かしてやらないと、たとえ名材といえども無駄になってしまう。こういうことは農学校を出て百姓をやらされて初めてわかったそうです。自分で育てたものは無駄にしないし、植物は育てるのにえらく手間やら時間やらがかかる。また、手をかけただけ大きくなる。人間がいくら急かしても焦っても、自然の時の流れは早くならない。急いだら米は実らないし、木は太くならない。ものを教えたり、弟子を育てるというのも自然にで、道具を見てやり、研ぎ方を教え、こないやるんやいうようなことは一切しない。このように削れるように研いでみなさい、とやって見せるだけだ。見本を見せた後はその人の能力で、いかにどんなにしたところでその人の能力以上のことはできない。自分で考えて習得していくもので、考えてやってみる。これを何度も繰り返して手に記憶させていく。こうした仕事は長い下積みと苦労が必要で、教える側も大変で、よほどの慈悲心、親切心がないと務まらないそうです。

 自分が関わった塔や堂も、これから時間の試練を受ける。ただ、百年後、二百年後には西岡がいないから木で塔を造ったり修理は無理だろうと言われるが、そんなことはない。ちゃんとしたものが残されていたら、そこから学び取ることができるのだ。そのためにもちゃんとした物を残さないといけない、と西岡棟梁は言っています。

 法隆寺は、聖徳太子のお寺だと誰もが思っていますが、梅原猛氏は「隠された十字架」で法隆寺の見方を全く変えました。怨霊の鎮魂の寺として再建されたと主張しているのです。藤原氏が、仏教の保護者であった蘇我氏に取って代わろうと聖徳太子の子孫および蘇我氏を滅ぼしましたが、聖徳太子の意志を継いだ仏教の保護者であるという印象を与えるように歴史を改ざんしたというのです。橘三千代、元正女帝、光明皇后などの藤原不比等のまわりにいた女性たちが法隆寺に数多くの財宝を贈ったそうです。
 梅原氏は、法隆寺には常識的にはおかしなところがあると指摘します。たとえば中門の正面の柱の数が普通は奇数なのに、偶数であるために正面なき門であると共に出口なき門でもあるとします。ここに太子の霊を閉じ込め、怒れる霊の鎮魂を行おうということなのです。

 そして衝撃的なのは夢殿です。建物は西院だけで十分なのに、もう一つ夢殿がある東院のような大きな伽藍をなぜ必要としたのでしょうか。それは、天平9年に藤原四兄弟が相次いで流行の天然痘で亡くなり、聖徳太子の怨霊が再現したと考えられたからです。夢殿ができたのはその後で、中門と同じように回廊が霊魂の逃亡を防いでいる形になっており、その中には1200年に渡り開けることを禁じられていた秘仏が隠されていました。明治17年にアメリカのフェノロサが、明治政府の命令書を持ってこの寺に訪れ、秘仏を見たらたちまちのうちに地震が起こり寺は崩壊するであろうという伝承を信じていた寺僧から、無理に鍵をとって厨子を開けました。僧たちは天変地異が起きるに違いないと一斉に逃げ出したと言います。厨子の中から体一面に木綿の布を巻いた背の高い仏像が出てきました。

その救世観音はモナリザのような不思議な微笑みをたたえ、自ら舎利瓶を持ち、体が空洞で背や尻が欠如して、光背が大きな釘によって頭に直接打ちつけられていました。仏像の頭の直後に太い大きな釘で光背が打ち付けられているのは呪詛の行為に似ています。いくら執念深い太子の怨霊でも重い光背を背負ってさまよい出ることはできないであろうと考えたのでしょうか。梅原氏の常識や通念に捉われない大胆な仮説と論証・考察は、多くの学者を驚かせた一方で、考古学・歴史学の立場からは厳しい批判や反論が出されました。謎の多い法隆寺における建造目的については今日においても様々な議論が交わされているそうで、完全な論証はなく推測の域に留まるというのが現状だそうです。

 世界最古の木造建築としての価値と、梅原氏などの古代ロマンある仮説を胸に、また法隆寺を訪れば、より新たな感覚で楽しめるのではないでしょうか。拝観料は1500円と非常に高いですが、世界的に貴重な文化財の保存を考えれば納得できるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる